正社員の求人を選ぶときの注意点

正社員なら経験年数に応じたスキルが身につく

正社員として工場勤務を行うメリットは、収入が安定して職種により様々な技能を身につけられるという点が大きいです。工場は生産量に応じて作業人員を増減させることにより、残業では埋めきれない部分をカバーします。逆に生産量が最も下がる閑散期は正社員のみで工場生産を行うことが珍しくないため、正社員以外の人が工場内から一斉にいなくなる時期があると考えておけば分かりやすいです。また、派遣社員や期間従業員では重要な工程を任せることが難しい場合、経験により技能を身につけた正社員を重要な工程につけることになります。誰にでも出来る仕事ではなく、技能を身につけた正社員のみが任される工程があると知っていれば仕事に対するモチベーションが高まるはずです。

正社員ならではの責任が伴い残業は断りにくい

正社員として工場勤務を行う上で、豊富なスキルが身につく代わりに重要工程を任されることから大きな責任を伴います。派遣社員が定時勤務で帰宅する中、正社員は率先して残業をこなさなければならないために体力面で繁忙期は大きな負担が掛かりやすいです。さらに、特殊技能を習得している場合には、他の作業員へ自分の工程を代わってもらいにくいために体調不良であってもギリギリまで仕事に従事しなければなりません。正社員として勤務する上で安定した仕事を常時得られる代わりに、自分が担当する工程については必ずやり遂げるという責任が伴います。また、正社員ならば工場内で特定の工程のみを長年経験する可能性があり、会社都合で他の工程には携わることが無く多少飽きが来てしまう可能性が高いです。