正社員として工場で働くデメリット

時期によって休日返上で仕事をしなければならないこともある

正社員として工場で働く場合は、時期によって休日返上で出勤を命じられることがあり、職場内のスタッフの人数によっては、長時間の残業が常態化するケースも珍しくありません。特に、最小限のスタッフで仕事をこなしている現場においては、一人でも正社員の欠員が出るとオーバーワークの状況になりやすいため、十分に注意をして求人選びをすることが肝心です。また、工場の繁忙期については、工場内で主に生産されている品物の種類や、顧客や取引先のニーズなどに影響を受けることがあります。そうした中、適度に休みを取りながら長く同じ現場で働きたい人は、期間限定でアルバイトやパートなどの採用を行っている工場を勤務先に選ぶことがおすすめです。

単純作業を担当する場合は長く勤めても基本給があまり上がらない

工場内でライン作業などルーティンワークを担当する正社員は、長く勤めても基本給が上がりにくいといったデメリットがあります。また、単調な仕事が多くモチベーションを保つのが難しかったり、常に丁寧さや正確さを求められるため精神的に疲れたりする人も少なくありません。そこで、給料を含めてより良い待遇で働きたい人は、大手のやりがいがある専門的な業務を任せてもらえる工場の正社員求人に応募をすると良いでしょう。なお、正社員のキャリアアップの制度がある工場では、定期的に業務に関する集合研修を受けられたり、外部の研修施設などで数か月おきにセミナーに参加できたりすることもあります。そのため、積極的に各工場の求人票やホームページを通じて、働きやすい工場の特徴を知ることが重要です。

仕事内容が大きく影響するため、工場の求人は黙々と集中して働ける人の募集が多いです。また、ひとつのミスが全体に波及するので細かい事に目を配れる人も重宝されます。